Business
事業紹介

社会インフラ分野

鉄道や空港などの公共交通機関や、上下水道プラント、ガスプラントなど、多様な社会インフラを支えるシステム開発を行っています。
鉄道分野においては、電力供給・管理のほか、車両の安全運行を支える情報システムや、信号制御、駅務機器アプリケーションなど多方面の開発業務を担当。鉄道各社との長年の業務経験と優れた開発技術で、高度化する品質要求にもスピーディに対応し、多くのお客様から高い評価を獲得しています。

鉄道車両情報システム

鉄道車両に装備されている機器の状態や車両の走行情報を伝送ネットワークにより収集し、モニタ監視するシステムです。

鉄道信号制御システム

駅構内の信号設備(信号機、ATS、踏切など)の制御を行うシステムです。

駅務機器システム

鉄道の正確でスピーディな料金収受のため、自動券売機、自動改札機、窓口処理機等の駅の自動化機器を制御するシステムです。

コンクリート構造物 非破壊検査・診断システム

生活に密着した社会インフラである道路、橋梁、空港滑走路、ビル等、コンクリート構造物を電磁波レーダーやレーザースキャナーなどを用いて検査し、老朽化に伴う欠陥の状態を自動診断する解析システムです。

太陽光発電 発電量推定システム

大規模太陽光発電所の建設に当たって、ソーラーパネルの性能と設置環境等のデータをもとに発電量を算出するシステムです。発電所の経年劣化や故障によって発電能力が低下した場合の診断と評価にも使用します。

ページの先頭へ